読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家周り

お正月に撮ってきた写真たち。

弘前

珍しいくらいに雪が少なかったお正月の弘前。 近所に買い物ついでに撮ってきた写真たちです。 津軽のお年寄りは結構無茶します。 ブランコが外された冬の公園。 今頃は先週の大雪で全く別世界になっているはず。 白鳥のパトカーを見ると青森に帰ってきたと実…

観察

箱の上を見つめる茶トラさん。上に登るのかな? 箱の上に行くと思いきや、りんご箱の中へジャンプ。 薄汚れた肉球がかわいい。 と、反対側から出てきて箱にすりーっと。後ろにはもう一匹の茶トラさん。 出てきたのもつかの間、もう降りた。君は何がしたかっ…

日陰に咲く

10月。弘前の繁華街にある雑居ビルの通路にて。 昼は日も当たらず、夜は酔客の足。そんな過酷な環境で花を咲かせた朝顔が健気に見えました。

聖堂

夕暮れ時のカトリック弘前教会の聖堂。 祭壇は今から150年前の1866年にオランダで作られたものだそうです。 マリア像 私は違うのですが、母はカトリック信者で洗礼名がマリアだったこともあり、マリア像を見ると母のことを思い出してしまいます。 ヨゼフ像

パトロール

りんご園をパトロール中。 このちょっと前にネズミじゃないけど、トンボを捕まえてました。

私が通っていた高校ではないのですが、前から気になっていた円形校舎。 青森でもいくつかあったそうですが、現在はこの校舎のみになってしまったそうです。いつ取り壊しになってもおかしくない古い建築物なので、今のうちにと写真に収めてきました。

一粒

当たり前すぎて弘前にいるときはなんとも思わなかったりんご畑の風景。こんなに綺麗で可愛かったと地元を離れ、そして写真を撮るようになり初めて気づきました。

りんご園の猫

弘前のりんご園にて。 りんご園をネズミから守る黒ちゃん二匹。

らくがき

10月の弘前。 ほっぺの赤いクマとおじさん?が妙に可愛らしくて撮った一枚。

目が合う

前回の猫さんのつづき。 この子から見えないところへ移動して静かにしていたら、そーっと顔を出してくれました。 猫的には、この怪しい人間まだいたのかと思っていたはず。

隙間

弘前で出会ったノラさん。 お母さん猫でこの子の他にも子猫が2匹いたのですが、隙間に隠れて最後まで出てきてくれませんでした。

紅一点

りんごは木から落ちても絵になります。

初秋の津軽

スッキリ青空に岩木山とりんごのカーブミラー。 観光客じゃなくても思わず撮りたくなるいい景色。

岩木山

弘前城の本丸広場からの岩木山も好き。ここを訪れた人たちが、思い思いに写真を撮ったり、景色について語り合ったりする様を見るのも好き。

心の山

夕方車を走らせていた時見えた岩木山が綺麗すぎて、道路脇のりんご畑に車を止めて写真を撮った。

マリア

実家で新しく飼いはじめた猫のマリアちゃん。いたずらで次に何をしでかすのか、見ていてほんと飽きなかった。父は自由すぎるこの子に、手を焼いていて文句も言っているけど、何だかんだ楽しそう。母が亡くなってから父も寂しかっただろうから、猫のいる生活…

教会

プロテスタントの弘前教会と桜。この景色ならスクエアの方が似合うと思って、マミヤ6で撮ってみた。 マミヤ6で2本分撮ってみたんだけど、ピントがズレているようで思うような写真があまりなかった。調整しないとだめかなぁ。

離れて気づくもの

通っていた中学校近くにある桜並木。 身近にこんな素晴らしい桜があったのに、不思議なくらい当時の記憶には出てこない。単純に興味がなかっただけなのかもしれないけど、今思えばもっと楽しんでおけばよかったな。

宵桜

数日前は後ろに弘前城が見えたのに、満開の桜に遮られて殆ど見えなくなってしまいました。 手ぶれ補正もない古いカメラで三脚もなかったので失敗写真ばかりだったのですが、そのなかでもよく撮れた一枚です

桜のトンネル

弘前公園西濠の桜のトンネル。 この日は準祭り期間の平日で、人も少なく静かな中で桜を楽しむことができました。 弘前公園の桜はリンゴ栽培の技術を応用して背が低いのが特徴です。

不自然な景色

桜とお城の写真で有名な弘前公園の下乗橋からの景色。秋に訪れた時は石垣の大改修に向けた準備の最中で、曳家された天守の頭の方だけが見える、ある意味貴重な景色になっていました。 元の場所へ戻ってくるのはオリンピックの次の年になる予定です。

鰺ヶ沢

シャンプー中のわさおに会う。ちょうどテレビの取材が入っていたみたいで結構な人だかりだった。 わさおのいるお店の屋根にはたくさんのウミネコ。近くで見ると結構怖い顔のウミネコもこの距離ならかわいい。お店で焼きイカを一枚買う。肉厚なのに柔らかくて…

弘前モノクローム

雪景色と相性のいい昔のポスト。 すごい雪の日で、これを撮っている間に私も真っ白になってました。 道路の幅は雪でかなりの狭さ。道路を歩くときは転ぶと轢かれかねないので緊張します。 約380年の歴史がある老舗の和菓子屋さん。 こうして見返してみる…

父ハンドメイド

浜辺に落ちている流木を使った父の手作り観葉植物。 なんでも流木拾いのプライベートビーチがあるらしい。 猫の形の板もお手製。こういうの何ていうのかな。 器用になんでも作ってしまう父には感心させられます。

白の世界

姉が入院するというので看病と家の手伝いのために実家へ帰省していました。 今シーズンの弘前は12月中から大雪で既に100センチを超える積雪になっていました。雪を捨てるだけで億単位の予算が必要な北国の冬は本当に大変です。 真っ白な道路は思った以上に目…

犬と猫とイカと

鰺ヶ沢へ焼きイカドライブに行ったついでにわさおに会ってきました。 2年前は映画撮影で会えなかったから、念願の初対面です。 ほんとにわさわさ。モフりたい。 焼きイカ屋さんの店内や周辺には猫が何匹か暮らしています。 お店の前に捨てられていた子たち…

盛美園

弘前の隣町、平川市にある「盛美園」です。 和洋折衷の珍しい作りで、アリエッティに登場する家のモデルにもなったとか。 3600坪にもなる大きな日本庭園は見事で、どこにいても建物が見えるようになっています。 洋館が好きな私としては、二階の洋間を見学出…

連絡船

小学校の修学旅行はフェリーで函館でした。連絡船、一度でいいから乗ってみたかったなあ。 これを撮っている時の脳内BGMは当然「津軽海峡冬景色」

りんご

スターキングなあの人は世界一の花嫁を見つけて ゴールデンなインド旅行に行きました。 デリシャスなホテルに着き故郷の陸奥を思い出す。 紅玉の朝日を受けた、つがる、ふじ、こっこうを出るとき いわいの品にこまち糸をくれたのです。 おたふくさんはお土産…

トイレ探訪

十和田のアート広場にあるトイレ。 あの映画のT1000型っぽい何かが窓をのぞき込んでいます。 中からも撮りたいなと思って入ってみたら、男性用からしか見えないようになってました。

あおもり犬

大きなおばあさんの次は、大きな犬を見に青森市へ出発です。 十和田からは大雨と強い風で見学どころじゃないお天気だったのに、青森県立美術館に着いたときにはすっかり青空に。 外観の写真を撮り忘れてしまったのですが、白を基調とした素敵な建物でした。 …

花馬

雨と晴れがくるくる変わるお天気の中、大きなおばあさんに会いに十和田市へ行ってきました。十和田市現代美術館を象徴する作品のフラワーホース。花で形取られているのに今にも動き出しそうな感じがする躍動感。 美術館自体は撮影禁止なので写真がないのです…