読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草木花

移ろい

さようならソメイヨシノ。 こんにちはシオガマザクラ。

桜の額縁

仙台の街が一望できる大好きな場所。今年もやっぱり同じ構図で。

石橋屋さん

仙台のソメイヨシノはまだ満開にはなっていないのですが、仙台駄菓子の石橋屋さんの垂れ桜は一足先に満開になっていました。 桜を撮影したあとは、お店で駄菓子を購入。店内の撮影も快諾していただけました。

梅の季節

榴岡天満宮の早咲きの梅が見頃を迎えました。 去年は暖冬で1月頃からかなり咲いたので、それと比べると少し遅かったようです。 桜と違って梅を撮るの実は苦手です。難しい…。 榴岡天満宮は合格祈願の神社として有名。この日も願掛けをする親子がいました。 …

タイムリミット

少しわかりづらいと思うのですが写真中央に見える大きな木は、道路拡幅工事で伐採されることが決まっている民家の一本桜です。工事は民家の直ぐそこまで進み、いよいよこの景色も見られなくなるかもと思い撮影しました。 2012年の満開の桜。 あとどれくらい…

落ち葉

苔のフカフカ絨毯に落ちたモミジとイチョウの葉。 ありがちな写真ですが、こういう見るとやっぱり撮りたくなっちゃいます。

一粒

当たり前すぎて弘前にいるときはなんとも思わなかったりんご畑の風景。こんなに綺麗で可愛かったと地元を離れ、そして写真を撮るようになり初めて気づきました。

移ろい

緩やかに染まる朱。

紅一点

りんごは木から落ちても絵になります。

あじさい寺

紫陽花が咲いていた頃の資福寺参道。 山門から。額縁に入った紫陽花。

紫陽花と金次郎さん

歩きなんとかの大先輩、二宮金次郎さんをバックに一枚。 近頃では学校から撤去されたり、時代の変化に合わせるように座り姿に変えられたりと、このタイプの金次郎さんは少なくなってきているそうです。

紫陽花

フィルムを撮り切るのに一月以上かかったり、いつもお世話になっていた写真屋さんが閉店してたりして、今まで現像に出しそびれていたフィルムの写真から。 6月に仙台のあじさい寺で撮った紫陽花です。

通学路

残暑の空の下、通学路に咲いていた百日紅。 今日は去ったと思った夏が戻り、暑い一日になりました。

スマイル!

8月も今日で終わり。今年も暑く充実した夏でした。

坂道のあじさい

6月にあじさい寺へ行った時に撮った一枚。 ここへは花が咲く頃にしか行ったことがなかったから、秋になったらもう一度行ってみようかな。

続・バラのある風景

6月にエントリーした農業園芸センターのバラ写真のフィルム編。 見返してみるとデジタルで撮った方は窮屈に見えて、こっちのほうがしっくりときていい感じかな。 同じ被写体でも道具が違うと全然雰囲気が変わるから面白いなって思います。 pon-ko.hatenablog…

淡色

フィルムシミュレーションのクラッシッククロームで撮影。落ち着いた色合いで紫陽花によく似合うと思った。

紫陽花

E-420で撮る最後の紫陽花。 基本的な機能しかないシンプルなカメラだったけど、小さくて大好きなカメラだった。8年間、沢山の思い出をありがとう。

バラのある風景

仙台市農業園芸センターのバラ園での一枚。バラまつりの最終日近くだったので枯れてるバラが多かったものの、普段バラを撮る機会がない私は、それでも十分楽しむことができました。 写真に写っている彫刻がある丘の向こうは太平洋で、津波で倒れなかった防潮…

萌黄桜

朝日に透通るような桜の若葉に癒やされる。花もいいけど葉桜も好きだなあ。

仙台

仙台の街が一望できるお気に入りの場所。今年もまた同じ場所、同じ構図で。

教会

プロテスタントの弘前教会と桜。この景色ならスクエアの方が似合うと思って、マミヤ6で撮ってみた。 マミヤ6で2本分撮ってみたんだけど、ピントがズレているようで思うような写真があまりなかった。調整しないとだめかなぁ。

離れて気づくもの

通っていた中学校近くにある桜並木。 身近にこんな素晴らしい桜があったのに、不思議なくらい当時の記憶には出てこない。単純に興味がなかっただけなのかもしれないけど、今思えばもっと楽しんでおけばよかったな。

宵桜

数日前は後ろに弘前城が見えたのに、満開の桜に遮られて殆ど見えなくなってしまいました。 手ぶれ補正もない古いカメラで三脚もなかったので失敗写真ばかりだったのですが、そのなかでもよく撮れた一枚です

桜のトンネル

弘前公園西濠の桜のトンネル。 この日は準祭り期間の平日で、人も少なく静かな中で桜を楽しむことができました。 弘前公園の桜はリンゴ栽培の技術を応用して背が低いのが特徴です。

春色のみち

白石川堤の一目千本桜。川沿い8kmにわたって続く春色のみち。

さくら通り

文化町の桜並木。日常の中にある桜風景。 昭和3年に町内会の方が町の誕生を記念して、七郷堀の分流、鞍配堀に沿って約40本のソメイヨシノを植樹したそうです。文化町は関東大震災の被災者のために造られた町で、当時の人たちも癒やしを求めていたのかもしれ…

ありがとう

道路拡幅工事のために切られる予定の民家の一本桜。 以前の記事にも書いたのですが、昭和38年に娘さんの幼稚園入園を記念して植えられた桜で、ステッキ位の苗木を養種園からスバル360に載せて運んできたのだそうです。それから50年以上経ち、花が咲くと誰…

垂れる桜

仙台駄菓子の石橋屋さんの枝垂れ桜は今年も見事でした。 この時、桜の前で記念撮影していたデーサービスのおじいちゃんたちが、みんないい笑顔をされていて、私も笑顔のおすそ分けをいただいちゃいました。

淡い光

梅は後ろ姿が美しい花だと思う。

ひまわり

夏の思い出。 福島をドライブ中に見つけたひまわり畑。寄り道して写真を撮った。 今年もまた、暑い夏がある福島へ行こう。

6月の写真から

今はシャッターが不調で使っていないリコーフレックスで撮った紫陽花。折角撮った写真だから、季節感ないけど今年中に出しておきます。

一本のモミジ

近づいてみる。 もっと近づいてみる。

11月のひまわり

11月初旬の秋保温泉街にひまわり畑があるなんて思いもしませんでした。遅咲きの種類らしく5万本くらい植えられているそうです。

花開く

夏が終わっても花を咲かせることなく心配していた朝顔。母の命日に弘前に帰っている間ぐんぐん蕾を膨らませ、今朝ついに花を咲かせてくれました。

控えめな美しさ

山奥の沢の日陰でひっそり花を咲かせていた野生の紫陽花。誰に手入れされるでもなく、厳しい環境の中で花を咲かせたと思うと愛おしくなった。

山神社のあじさい

美里町の山神社(やまのかみしゃ)へ紫陽花を見に行ってきました。神社裏手の社務所なのか古い建物あって、それと紫陽花がマッチして綺麗でした。

イロトリドリ

今年もこの時期恒例のあじさい寺へ。テレビに出ていた影響なのか午前中に行ったにもかかわらず結構な人出で撮影に苦労しました。なるべく人のいない時を狙って参道を一枚。 参道に咲くあじさいは青が濃くてまるで南国の海のよう。 あじさいは本当に雨が似合…

magnolia

タイサンボクの真っ白な花を見るとマグノリアのオープンニングを思い出す。

杜の都

4月末から5月初めまでは仙台が一番キラキラする季節。早朝の静かな街を歩くのが毎年の楽しみです。 真夏になれば葉の陰で暗くなってしまう定禅寺通りの欅並木も、この時期は絶妙な光の差し具合。奥では古本市の準備中。 青葉通薫る葉緑 想い出は帰らず〜♫で…

咲く椿、散る椿

さくら並木道

朝霧の朝。冷たい空気が心地よかった。 車止めのスズメさんもお花見してるみたいでした。

民家の桜

道路工事は去年よりさらに進んだものの、今年も切られることなく無事に花を咲かせてくれました。よかった。 様々な花が咲く手入れの行き届いたお庭を見ていると、桜をここまで見事なものにさせたのは土の良さだけではなく、ご主人の花に対する愛情もあったの…

散歩道

仙台・春

仙台で一番好きな場所だから、今年も同じ構図で桜と街を撮る。

石橋屋さんの桜

仙台の枝垂れ桜と言って思い浮かぶのが仙台駄菓子の老舗石橋屋さん。古い商家と桜の組み合わせが素敵でした。

春つめあわせ

コートを着て手袋をして桜を撮ることになろうとは。寒すぎて途中から写真を取ることが苦行に感じてきて早々に切り上げました。雪が降った年もあったけど、その時よりも寒い日が多い気がする今年の春。

乙女椿

垂れる赤

同じ木でも微妙な色づきの違いがあって面白い。来年も同じ場所から撮ってみなきゃ。2014/11/24 2013/11/30