大内宿

 

塔のへつりを後にして、大内宿へ来ました。

大内宿は会津と日光を結ぶ街道沿いにあり、政宗公や秀吉公も利用した歴史ある宿場町です。

Untitled

立ち並ぶ古民家の数は30軒以上。その殆どがお土産屋さんか食べ物屋さんです。

Untitled

お土産屋さんでは、こんな感じで縁側を利用して商品が並べられています。

Untitled

会津と行ったら赤べこ

Untitled

布で作った小物を売っているお店屋さんのかわいい商品たち。

Untitled

 

Untitled

 

Untitled

 

Untitled

 

Untitled

11月だというのにこの日は半袖でもいいくらいの暖かさ。半袖で歩いている人もいました。

Untitled

そば粉で作ったあげまんじゅう。中にあんこが入っていて美味でした。写真には撮らなかったけど、辛子味噌が付いた玉こんにゃくもいただきました。

Untitled

道脇に流れる水路で冷やされたラムネ。

Untitled

蕎麦屋さんの縁側にも秋らしい演出が。

ネギ一本でいただく「ねぎそば」が有名なのですが、この後ソースカツ丼を食べる予定だったので諦めました。

Untitled

茅葺屋根の軒下に吊るされた茅の束。果樹園の受粉のために働いているマメコバチの巣なのだそうです。

Untitled

茅葺屋根と紅葉。日本の秋。

Untitled

宿場町の突き当りにある神社から。古民家が立ち並ぶ姿は壮観でした。

Untitled

 


 

南会津へ

 

 

ひと月前のことですが南会津塔のへつりと大内宿へ行ってきました。

Untitled

塔のへつりの「へつり」とは地元の言葉で険しい崖のことをいうのだそうです。

Untitled

吊り橋を渡って塔のへつりへ向かいます。

Untitled

吊り橋には30人以上一度に渡らないようにとの注意書き。私が渡った時はちょうどそのくらい人がいて、かなり揺れて怖かったです。

Untitled

渡った先はすれ違うのもやっとの細い道。足元も滑りやすいので一歩一歩慎重に。

Untitled

でも万が一落ちてしまったら、その時は浮き輪があるので大丈夫。

Untitled

浮き輪の奥、岩がくぼんだ場所には沢山の小石が積まれていました。人はどうして石を積みたくなるのでしょう。

Untitled

岩のくぼみから見た吊り橋。

Untitled

かつて海だった場所とは思えない景色。自然の力はすごいです。

Untitled

一段高い場所にあった虚空蔵菩薩にお参りして塔のへつりを後にしました。ちなみに堂内は撮影禁止でした。

Untitled

高い場所にあった展望台から。

Untitled

お土産屋さんにいた銀杏で作ったピカチュウ

Untitled

招き猫とか色々。こういう、その土地とは全く関係ないお土産を見るのも楽しいです。

Untitled

何やら精が付きそうなコーナー。スズメバチのお酒って美味しいの?

Untitled

系統はわからいけどこけしの工房もありました。

Untitled

来る途中に気になっていた会津鉄道塔のへつり駅へも行ってみました。

Untitled

かわいい駅舎。

Untitled

駅員さんがいたのでホームの写真を撮っていいか聞いたところ、快諾してくれました。

Untitled

 写真には撮れなかったのですが、湯野上温泉駅も茅葺きの駅舎で素敵でした。

Untitled

鉄道むすめの幟には芦ノ牧温泉駅のらぶ駅長の姿も。

Untitled

 

Untitled

ホーム沿いのモミジが綺麗。

Untitled

 

Untitled

 つづく

 

 


三角屋根の風見鶏

 

弘前は一戸時計店さんのかわいい時計台。明治時代からこの場所で時を刻み続けています。

img102

霜月の猫

 

先月コボスタで出会った猫さんが気になって、また行ってきました。

スタジアム周辺を歩いていると、いました白黒の子。

DSCF3583

1匹だと思っって近づいてみると、なんと4匹!

DSCF3598

柵の内側の子たちは警戒して絶対にこちら側へは来てくれませんでした。

絶対兄弟だよね君たち。

DSCF3591

一番臆病だったこの子は、さらに一歩離れたところからこちらを伺っていました。

DSCF3589

唯一懐っこかった白黒ちゃん。耳がカットされているところ見ると、ちゃんと地域猫として面倒を見てくれているのかな。

DSCF3593

米沢の道の駅にて。

施設隣のお家で扉が開くのを待つトラさん。

DSCF3790

美しいトラ模様。そして、むっちりとしたお顔がかわいいです。

DSCF3792

仙台市内のお寺さんでは5匹の猫さんに出会いました。

こっちに気づいて早速近づいてきたのでボケてしまった白い子。

DSCF3847

すくっ!

DSCF3849

子猫たちは何故かみんな向こう向き。

DSCF3850

とあるアパート前で瞑想するサバのハチワレさん。

DSCF3853

秋保の温泉街にて。

見事な保護色で地面と一体化していたキジトラさん。塀の向こうは高級旅館です。

DSCF3903

閉店した酒屋さんの駐車場には目つき鋭いシャムの男の子がいました。

DSCF3906

温泉街の中心部にあるお豆腐屋さんにいた3匹。

DSCF3907

仙台市内は寺まちの遊歩道にいたむっくりとした黒い子。人間と対する時、柵の一つでもあると安心感が違うよね。

DSCF4004

またもコボスタへ。白黒兄弟の1匹がゴハン中でした。

DSCF4062

今月の最後はマンションの塀でくつろぐキジさんでした。これを撮ったのは5時前、日没が早くなったのを実感します。

DSCF4070

11月は18匹の猫たちに出会えました。12月も沢山の猫に巡り会えますように。


9月の頃

 

 9月に撮ったフィルム写真。

ジャズフェスの日。快晴の空。

img083

 その日の夜。歩行者天国になった定禅寺通り

img084

 ジャズフェス2日目の榴ヶ岡公園。芝生広場の、のんびりとした雰囲気が好きです。

img085

 この日最後のバンドだったエルドラドさん。最後は大盛り上がりで楽しかった〜。

img087

 横たわるふさふさ。

img092

 

 そして松島へ。

駐車場から海へと向かう坂道。カーブの向こうには松島の島々が見えます。

img097

 休日で駅も観光客でいっぱいでした。

img088

 松島は切り通しが多い町です。

img090

 町の奥まったところにパン屋さんがあるというので行ってみると、残念なことにお休みでした。

パン屋さんの前には古いポストと、かつてここは海だったとわかる大きな岩がありました。

img089

 五大堂から見る遊覧船乗り場。ちなみに松島では遊覧船からウミネコにえびせんをあげることは禁止されていますのでご注意を。

img091

 横たわるむっちり。

img096

仙台駐屯地の大きな道路。正面に見えるのは戦後に米軍の教会として使われていた建物です。

img094

ゆるい表情がかわいかったエアトランポリン。防衛装備品と並んだアンバランスさがシュールでした。

img095

 帰り道、道路脇の空き地に咲いていたコスモス。

img093