読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとう


道路拡幅工事のために切られる予定の民家の一本桜。
以前の記事にも書いたのですが、昭和38年に娘さんの幼稚園入園を記念して植えられた桜で、ステッキ位の苗木を養種園からスバル360に載せて運んできたのだそうです。それから50年以上経ち、花が咲くと誰もが足を止め眺めていく、大きな大きな桜に育ちました。
工事もお家のすぐ裏手にまで迫ってきていて、いよいよ今回が本当に最後の花になってしまうのかも。そんな予感がして桜にお別れを言ってきました。
銀杏町の桜