読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その日


2011年5月11日のダイアリーから再掲。


本震が終わったら膝が笑っていた。

突然の猛吹雪と折れ曲がった新幹線の電柱。

飛び交うヘリコプター。

狼が遠吠えで呼応しあうような至る所から聞こえる緊急車両の音。

あたりに充満するガスの臭い。

電気が止まり静まり返った部屋。

慌てて打った家族へのメール「へやのなかがめちやくちやだよ」

晩ご飯がわりに食べた「ばかうけ」の味。

途切れることのない大きな余震。

まっくらな世界。

気持ちと反比例するような満天の星空。

忘れられない。忘れてはいけないあの日のこと。


IMG_0890

あれから5年を経ても記憶は薄れることがなく、忘れることが出来ないものもあるのだと改めて思いました。