読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

film

誰がいつ立てたのか緑色の旗。勢い良く風になびいてた。

白い青空

このエントリーと同じ時に撮った写真なのに、シャッターの不調でハイキーな空色に。 あの青空はどこへ行ってしまったの?

亘理町吉田浜 どこまでも続く新しい防潮堤の向こうには、何本もの小さな松の苗木たちが植えられていました。 何十年か先、ここには広大な松林が広がり、震災前の仙台湾の景色が戻っていることだと思います。

実家にて。 私が学生時代に使っていた机で昼寝するマリアさん。絶妙なお包み感がいいみたい。

オープンカー

誰が作ったのか砂浜のオープンカー。こんなので波打ち際を走ったら楽しそう。 どうもカメラの調子が悪くてピントが全然合ってないのが残念。

私が通っていた高校ではないのですが、前から気になっていた円形校舎。 青森でもいくつかあったそうですが、現在はこの校舎のみになってしまったそうです。いつ取り壊しになってもおかしくない古い建築物なので、今のうちにと写真に収めてきました。

町家の風景

秋田県の十和田毛馬内にて。 「こみせ」にかかる「毛馬内盆踊り」の絵が素敵でした。

らくがき

10月の弘前。 ほっぺの赤いクマとおじさん?が妙に可愛らしくて撮った一枚。

ゴハン風景

4匹揃ってカリカリ、カリカリ。

夏の影

7月の深沼海水浴場。 海の水もぬるくて暑い日でした。

あじさい寺

紫陽花が咲いていた頃の資福寺参道。 山門から。額縁に入った紫陽花。

紫陽花と金次郎さん

歩きなんとかの大先輩、二宮金次郎さんをバックに一枚。 近頃では学校から撤去されたり、時代の変化に合わせるように座り姿に変えられたりと、このタイプの金次郎さんは少なくなってきているそうです。

紫陽花

フィルムを撮り切るのに一月以上かかったり、いつもお世話になっていた写真屋さんが閉店してたりして、今まで現像に出しそびれていたフィルムの写真から。 6月に仙台のあじさい寺で撮った紫陽花です。

霞む街

ある日の仙台。

広瀬川

過去写真から2012年、夏頃の広瀬川河畔。 今月から宮城・山形県民熱愛の芋煮会シーズンが始まるので、ここもすごい人だらけになります。 それにしてもすごいゴースト。

浜辺

石巻、渡波海水浴場。 水遊びをする子どもたちに負けじとウミネコも夏を楽しんでるような。そんな穏やかだった7月の海。 今日であの日から2000日。 海沿いの町へ訪れるたび少しづつ変化があって、ゆっくりでも復興は進んでいるのを感じます。 自分にできるこ…

ザンギリ

ある暑かった日、わさわさで辛そうに見えたぽんこの胸元の毛を刈ってみました。 人間用のハサミでジョキジョキ、ジョキジョキ大胆に。 結果、見事なザンギリにゃんこが誕生。想像では爽やかさんになるはずだったのに…。 修正しようすると逆に収拾がつかなく…

おさるさん

森のなかで出会った可愛いおサルさん。 丸太と細い枝で作られているのにちゃんと特徴を掴んいて、完全に森に溶け込んでました。

坂道のあじさい

6月にあじさい寺へ行った時に撮った一枚。 ここへは花が咲く頃にしか行ったことがなかったから、秋になったらもう一度行ってみようかな。

続・バラのある風景

6月にエントリーした農業園芸センターのバラ写真のフィルム編。 見返してみるとデジタルで撮った方は窮屈に見えて、こっちのほうがしっくりときていい感じかな。 同じ被写体でも道具が違うと全然雰囲気が変わるから面白いなって思います。 pon-ko.hatenablog…

休日の海

5月末ころの仙台港向洋海浜公園。 サーフィンする人や波打ち際で遊ぶ人たち。それをらを撮る私。思い思いそれぞれの休日。

菖蒲田浜

東北地方に梅雨明け宣言が出た今日、ちょうどいいタイミングで菖蒲田海水浴場が6年振りの海開きをしました。 震災後、仙台港から流出したコンテナが幾つも漂着した浜辺を見てから5年。長かったような、でもあっという間だったような気もします。今年は10…

岩木山

弘前城の本丸広場からの岩木山も好き。ここを訪れた人たちが、思い思いに写真を撮ったり、景色について語り合ったりする様を見るのも好き。

心の山

夕方車を走らせていた時見えた岩木山が綺麗すぎて、道路脇のりんご畑に車を止めて写真を撮った。

稲荷小路の猫

国分町にある小さな神社を寝床にしている黒猫さん。ちょうどゴハンを食べているところだった。酔っぱらいなどに神社が荒らされないようにか、鉄格子の中にお社があるのは飲み屋街ならでは。猫なら余裕で通り抜けられるから、ちょうどいい安全地帯になってい…

3匹

ある日のチョコ・チップ・ぽんこ。

ゆりあげ

3月の閖上・日和山 震災後に日和山の頂上に植えられた「閖上桜」が大木になったころ、町はどういう姿で復興しているだろう。

ぽんこ

香水臭いシャンプーで洗ったら、どこかの奥様のような香りをさせてる最近のぽんこさん。ただいま換毛期の真っ最中で、毛玉がお腹に溜まりやすくなっていてちょっとかわいそう。早く夏毛になって、ほっそりぽんこになるといいね。

猫の家

よく見たら6匹も。こんなに居たって撮った時は気づかなかった。

記憶

今年の3月11日に撮影した蒲生干潟。 未だ残る流された松に、あの日を忘れるなと言われているような気がした。

仙台

仙台の街が一望できるお気に入りの場所。今年もまた同じ場所、同じ構図で。

教会

プロテスタントの弘前教会と桜。この景色ならスクエアの方が似合うと思って、マミヤ6で撮ってみた。 マミヤ6で2本分撮ってみたんだけど、ピントがズレているようで思うような写真があまりなかった。調整しないとだめかなぁ。

カメラ目線

桜ばかりだったのでたまには猫もね。でもまだ桜続きます。

春色のみち

白石川堤の一目千本桜。川沿い8kmにわたって続く春色のみち。

ありがとう

道路拡幅工事のために切られる予定の民家の一本桜。 以前の記事にも書いたのですが、昭和38年に娘さんの幼稚園入園を記念して植えられた桜で、ステッキ位の苗木を養種園からスバル360に載せて運んできたのだそうです。それから50年以上経ち、花が咲くと誰…

ひまわり

夏の思い出。 福島をドライブ中に見つけたひまわり畑。寄り道して写真を撮った。 今年もまた、暑い夏がある福島へ行こう。

こねこ

ぽんこがうちに来て一年と七ヶ月くらい。現在の体重は2.8キロで、肉球もかなり小さめ。声も高く「ぴゃあ」と鳴く。だから、たまに名前を呼ぶとき「こねこー」と呼んでしまう。すっかり大人の猫なのに。

猫の日

人間たちが猫の日で盛り上がっている中、当の猫たちはこんな感じで、いつも通りマイペースに過ごしております。

カユイ

元々短い上に太って殆ど上がらない後ろ足。チムチムよ、それは本当に痒いところに届いているのかい。

チョコ

彼女がうちの猫の中で一番フォトジェニック。 ピンクのお鼻がかわいい。かわいい。

バロン

姉の家で飼っているヨーキーのバロン君。 絶対に人をかんだりしない優しい子。

不自然な景色

桜とお城の写真で有名な弘前公園の下乗橋からの景色。秋に訪れた時は石垣の大改修に向けた準備の最中で、曳家された天守の頭の方だけが見える、ある意味貴重な景色になっていました。 元の場所へ戻ってくるのはオリンピックの次の年になる予定です。

ぽんこ

ある夏の日のぽんこ嬢。 今年は昔に帰って一つのエントリーにつき一枚だけの写真でやっていこうと思います。