読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通学路

残暑の空の下、通学路に咲いていた百日紅。 今日は去ったと思った夏が戻り、暑い一日になりました。

ズサーッ

今日のチップ。この寝方はズルい。

スマイル!

8月も今日で終わり。今年も暑く充実した夏でした。

8月の猫

朝の公園。五月蝿いくらいの蝉しぐれの中、猫と向かい合うひととき。

車窓

米沢から山形へ向かう電車の中から見た赤湯の町並み。 とても暑く、そしてどこか懐かしさを感じる山形の夏が大好きです。

おはよう

「山の日」の朝、町中を散歩してい時に出会ったハチワレさん。 朝の挨拶をして、少し離れたところから一枚。飼猫さんらしく人馴れしているのか私を見ても逃げようとしない。それじゃともう少し近づいて撮った一枚がこれ。もう少し行ける?と更に近づいたら車…

819の日

8月19日は俳句の日だったり、はてな民ならハイクの日だったりしますが、我が家ではチップのお誕生日です。 今年で12歳。胸元の白髪は更に増えたけど食欲は全然衰え知らず。誰よりも食いしん坊なのは相変わらずです。 チップさん、もっともっと長生きして「81…

小さな夏

七夕まつりで毎年楽しみにしている手芸屋さんの小さな吹き流し。 全長は25センチほどで、付いている折り鶴は1センチくらいしかないんですよ。 その細やかな作りに、写真を撮る人が絶えない人気ぶりでした。

七夕まつり

お祭りが終わってから10日近くも経ってからあれなんですが、七夕まつりの写真です。 人と吹き流しでアーケードの向こう側が見えない風景も七夕まつりの時だけ。お祭りが終わった次の日は寂しく感じてしまいます。 この人混みと吹き流しを掻き分けて進むのが…

2歳

ぽんこお誕生日おめでとう。 相変わらず小さくて元気いっぱいで、そして何よりかわいい君が大好きだよ。

スッキリ

今朝の空。流れた飛行機雲と、まだ生まれたばかりの飛行機雲。 空気感が七夕の頃とは明らかに違った感じで、暑いは暑いけど歩いていて苦にならなかった。

帰り道

花火まつりから帰る人の流れ。 今年も溶けそうなほど蒸し暑くて楽しい夜でした。

夕空

久しぶりの綺麗な夕焼け空。でも何となく秋らしさを感じて、ちょっと寂しくなった。

お寺さんの猫

うちのぽんこにそっくりなお寺さんの猫。 ここも例のゲームのスポットになっているようで、この子も落ち着かない夏になってるんじゃないかな。 この子に会いに行くと、もれなく蚊に刺されます。

猛省

今朝、チョコの左前脚の親指の爪が巻爪になっていることに気づいた。定期的に爪切りしていたのになぜ気づかなかったんだろう。猛烈に反省。このところ歩き方がぎこちなかったのも、そのせいだったようで、切ってあげると普通に歩いてくれた。今まで辛かった…

夜の眼

ぽんこかわいいよぽんこ。 黒目がまん丸の写真を撮れる楽しさ。これも今までは出来なかったこと。

緑の絨毯

稲が空に向かってシャキッと背伸び。田舎の夏風景っていいなあ。

横丁の夏

昭和風情が残る壱弐参横丁に小さな吹き流しが飾られていました。 来週から東北の夏祭りが一斉に始まって、お盆が来て、あっという間に秋になってしまうから、そろそろ梅雨明けしてよね。ほんと。

飯坂の猫

お店が開店準備をするまでは足湯は猫のもの。ゆっくりと時間が流れる温泉街の昼下がり。

藤棚の上

藤棚に猫がいるなんて普通思わないし、気づく人もあまりいないと思うから、最高のお昼寝スポットなんじゃないかな。君いいとこ見つけたね。 4月終わり頃の写真から。

ロクちゃん

石巻の日和山にある茶屋の黒猫さん。お店のおじちゃんに名前を聞いてみると、おばちゃんは黒を逆さにして「ロク」と呼ぶけど、おじちゃんは「クロ」と呼んでいるのだとか。かなりマイペースな子で、声をかけても全く動じず、結局ちゃんとしたお顔の写真は一…

湿る朝

大崎八幡宮参道の朝風景。

青の世界

好奇心旺盛なイロワケイルカと、イルカの気を引こうとする人たち。ここの水槽前はアクションがあって写真を撮るのが面白い。

淡色

フィルムシミュレーションのクラッシッククロームで撮影。落ち着いた色合いで紫陽花によく似合うと思った。

横顔

新しいカメラは暗い場所でも当たり前に撮れてしまう。これって以前では考えられなかったことなので、それだけで写真を撮る楽しみが一気に広がった気がして嬉しくなった。

紫陽花

E-420で撮る最後の紫陽花。 基本的な機能しかないシンプルなカメラだったけど、小さくて大好きなカメラだった。8年間、沢山の思い出をありがとう。

猫と紫陽花

あじさい寺へ撮影しに行ったら、人懐っこい野良猫さんに出会い、あじさいよりも猫がメインの写真を撮ってました。だって猫のほうが好きなんだもの。

初夏

少し歩いただけで汗ばむ蒸し暑い日に、桜並木の木陰が一息つかせてくれた。

見つめる

レンズを向けられて顔をかしげるマリア。何にでも興味があるお年ごろ。

けへっ!

あくび途中を撮ったら悪い顔になっちゃいました。すまぬチョコ。

バラのある風景

仙台市農業園芸センターのバラ園での一枚。バラまつりの最終日近くだったので枯れてるバラが多かったものの、普段バラを撮る機会がない私は、それでも十分楽しむことができました。 写真に写っている彫刻がある丘の向こうは太平洋で、津波で倒れなかった防潮…

上の世界。下の世界。

それぞれの夕方。

15

チョコがうちへ来てから今日で15年。今年も無事に誕生日を迎えることができました。数年前に体調を崩した時は、こんなに長生きするとは思いもしなかっただけに、本当に嬉しいです。 15年も一緒にいてくれてありがとう、そしてこれからもよろしくね。

蕩ける

食器の水切りカゴに蕩けるマリア。これでも彼女的には真剣に隠れてるつもり。

気になる気になる

金魚が気になって仕方ないマリア。偶然だけど猫相悪すぎ。\ なんとかしてたべたいにゃー /

響く

青葉まつりでの一コマ。 仙台木遣り唄を歌うおじさまたちがかっこ良かった。

マリア

実家で新しく飼いはじめた猫のマリアちゃん。いたずらで次に何をしでかすのか、見ていてほんと飽きなかった。父は自由すぎるこの子に、手を焼いていて文句も言っているけど、何だかんだ楽しそう。母が亡くなってから父も寂しかっただろうから、猫のいる生活…

新緑

ケヤキの若葉が輝く5月初めの定禅寺通り。

猫レーダー好調

塀の中からこんにちは。

萌黄桜

朝日に透通るような桜の若葉に癒やされる。花もいいけど葉桜も好きだなあ。

若草の絨毯

レンズを向けられても動じることなく、のっしのっしと歩くサビちゃん。肝が据わってます。 ここ裸足で歩いたら気持ちいいだろうなあ。

離れて気づくもの

通っていた中学校近くにある桜並木。 身近にこんな素晴らしい桜があったのに、不思議なくらい当時の記憶には出てこない。単純に興味がなかっただけなのかもしれないけど、今思えばもっと楽しんでおけばよかったな。

宵桜

数日前は後ろに弘前城が見えたのに、満開の桜に遮られて殆ど見えなくなってしまいました。 手ぶれ補正もない古いカメラで三脚もなかったので失敗写真ばかりだったのですが、そのなかでもよく撮れた一枚です

桜のトンネル

弘前公園西濠の桜のトンネル。 この日は準祭り期間の平日で、人も少なく静かな中で桜を楽しむことができました。 弘前公園の桜はリンゴ栽培の技術を応用して背が低いのが特徴です。

霧雨の朝

朝の神社の静けさや空気感が好き。

さくら通り

文化町の桜並木。日常の中にある桜風景。 昭和3年に町内会の方が町の誕生を記念して、七郷堀の分流、鞍配堀に沿って約40本のソメイヨシノを植樹したそうです。文化町は関東大震災の被災者のために造られた町で、当時の人たちも癒やしを求めていたのかもしれ…

み〜つけた

神社に猫はよく似合う。

垂れる桜

仙台駄菓子の石橋屋さんの枝垂れ桜は今年も見事でした。 この時、桜の前で記念撮影していたデーサービスのおじいちゃんたちが、みんないい笑顔をされていて、私も笑顔のおすそ分けをいただいちゃいました。

坂道

学生時代にスクーターで何度も通った坂道へ久しぶりに行ってみた。車で近くを通り過ぎることはあっても、この場所へ来るのは何年ぶりになるのか。青春の景色。あの頃を思い出して懐かしい気持ちになった。 この場所は映画のロケにも何度か使われていて、鈴木…

淡い光

梅は後ろ姿が美しい花だと思う。