読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

E-420

これも春

黄砂で霞んだ空に沈む太陽。 今日仙台でも黄砂が観測されたそうです。 毎年のことだけど、この春の知らせだけは歓迎できません。

先導

いつもより寒い3月。 いつもより遅く咲いた蝋梅。 4月になると花を咲かせる乙女椿。 濃い緑の中に気の早い目立ちたがり屋が一輪。

おはよう

久しぶりの早朝公園散歩。 歯のないあの子がお出迎えしてくれた。

海とともに

震災前の風景をまとめてみました。 形は違ってもまた素敵な風景を見せてくれると信じて、これからも応援していきたいと思います。 がんばろうね東北! http://www.flickr.com/photos/sironekokuroneko/sets/72157629464684503/

ボラードのうえ

ぼーんやり すくっ! 撮ってたんか!! ウミネコって意外に首が長い。

飴色の空

モフモフとしたもの

猫です。 モップではありませんし、ロシアで売ってる帽子でもありません。 こんな帽子あったら買ってしまいそうだけど。

美人さん

稔る田

私たち家族を撮ってきた父のミノルタ。 まだまだ現役。猫を撮るときも一番雰囲気良く撮ってくれるいい子。 写真と話でしか聞いたことがない祖父のミノルタ。 祖父もまた家族の写真をこれで撮っていたのかな。 ちゃんと写るかは謎だけど、今度フィルムを入れ…

3匹

昨日はチムチムの誕生日だったので、今まで撮ったチム写真で一番を選んでみた。 少し人見知りのヒゲ。いつもクールなゴージャス。人なつっこいチムチム(当時はワケミ)の仲良しトリオ。 沢山ある中でもやっぱりこれが好きかな。 この頃は他の猫も沢山いて、…

C60

機関車の機関室に絡みつくLED。 外は綺麗に飾られていたのに、中は意外に無造作。でもそれがこの静かな空間に合っていた気がします。 敢えてそうしたのか、やっつけでそうなったのかは分からないけれど。

ブログ初め

今年も猫共々よろしくお願いいたします。 光原社で一目惚れした六原張子の猫。

幸せ

あの頃は絶対に七夕も、こうしてページェントも楽しめるなんて少しも思わなかった。 普通ってどんなに幸せなことなのかと思い知らされた一年でした。 来年はみんなに素晴らしい一年が来てくれますように。 電球を貸し出してくれた表参道と大館の人たちにあり…

光射す

秋景色

紅葉のトンネル。 今年のモミジも綺麗でした。 まっ赤なモミジは5本指。 だいだいのモミジは7本指。 イチョウは散った葉っぱの方が好き。 すっかり葉っぱが無くなった桜の木にはリラックマ。 暖色系なキャラは秋の景色と相性がいいみたい。

チムチム

今日もいい男です。

2匹

近所の散歩道で。 決して密着はしない微妙な距離感が猫らしい。 塩竈神社のお土産屋に住み着く猫さん。 会うのいつ振りだろう。写ってないもう一匹も元気そうでなにより。 塩竈の猫だまりで。 ここは行くたびに違う猫に会う。いったい何匹いるのかしら。

ゴハンまだかな

とあるアパートの二階で晩ゴハン待ちする猫たち。 ドアが開くまでじっとしている姿がかわいらしい。 柵が邪魔して何匹か目線入りなったのが残念です。

トイレ探訪

十和田のアート広場にあるトイレ。 あの映画のT1000型っぽい何かが窓をのぞき込んでいます。 中からも撮りたいなと思って入ってみたら、男性用からしか見えないようになってました。

つり目のより目

ブロック塀のTになってるところで器用にくつろぐフサフサさん。きみ何だかより目な様な気がするんだけど。 やっぱり!

散歩道夕景

冷たく澄んだ空気で夕焼け空が綺麗でした。台風が秋を連れてきたのかな。

敬礼!

久しぶりの「にんにく」です。この子、お顔の模様に気が取られがちだけど、濃い黄色の瞳も素敵なんですよ。

猫ポートレート

完全に詰まったお鼻で苦しいのに、健気に愛想を振りまく子猫。何も出来なくてごめん。次に会いに行くまで元気でいておくれ。

おかえり

しっぽを立てて嬉しそうにご主人を追いかける猫。おばさんが帰るとごはんを貰えるのかな。奥に小さく写っている猫たちも、おばさんに気付くと爪を研いだりして嬉しさアピールをしてた。外で猫が帰りを出迎えてくれるのっていいなあ。

ひまわり

南相馬のひまわり。 沢山のひまわりが土をきれいにしてくれていた。 東松島市野蒜のひまわり。 海水が通り過ぎていった土にだって、元気に花を咲かせていた。